3世代同居の家

【3世代同居の家】

今は斬新なデザインでも30年後は忘れ去られる古いデザインになってしまいます。
私達は、これまで折りに触れ伝統的な日本のデザインに囲まれ生きてきました。

和風には、日本人の安らぎの心と地域文化を伝承し、気候風土に合ったデザインになっています。軒の出は夏の日差しを防ぎ、外壁の守り漏水を防ぎます。在来工法は、自然環境で育った木材を使い、真壁造りは木材に呼吸を与え腐食を防ぎ長持ちする住宅を作ります。

特殊な工法だけが耐久性・耐震性を確保しているのでありません。

1階プラン

玄関に入ると、右側が家族の集まる団欒の場、左側が両親の生活する場になっており、両親へ訪問するお客様も通せる和室を設けています。

トイレや浴室などは、両親の生活の場の近くに設け、車椅子に対応できる広さを確保しています。階段下には、十分な収納スペースがあります。

2階の子供室以外は、高齢者対応の引き戸にしています。

 

2階プラン

階段を昇ると、1階のリビングの吹抜けに通じるオープンスペースがあり、物干し場としても利用できます。

旦那さんの部屋としても使える書斎を設け、夫婦各々が趣味に没頭できるようにしました。

子供たちの成長は、思ったより早いものです。しっかりした自分の部屋が欲しくなります。2階で過ごす夫婦と子供たちの為のトイレ、洗面所の中に冷蔵庫を置けるスペースがあります。

3世代同居について

3世代同居の住宅を設計するには、お互いのプライバーシーを十分に守り、その中で家族みんなが集まる団欒の空間をつくって行くことが大事です。

一緒に暮らす過程で、両親に任せられることや、自分たちの家族の中での役割分担が徐々に決まってきます。そこに絆が生まれ、自分のプライベートな時間が確保されます。

将来、両親が老いを迎える時、その絆と将来を見据えた住宅のつくりが活かされてきます。